fc2ブログ
オリジナル・ラグマットの実験室?の公開日誌…というこじつけ。
「アイガー北壁」
ファーストディ。
『アイガー北壁』を見てきた。
ナチス政権下、ドイツ人登山家の歴史に残る惨事を映画化したもの。

登山は特に興味はない。ましてやロッククライミングなんて恐ろしくて。
フリークライミングとかいう施設内のものには、興味があるんだけど…。
『アイガー北壁』という何故かタイトルの響きに興味が湧いて見に行った。
それと批評家の評判もそこそこ良かったことも理由のひとつ。

映像だけで時々足がすくむ自分は、高所恐怖症なのかと感じた。
そのリアリティに後半ズッと体に力が入って、完全に固まっていた。
よくぞまぁこんなシーンを撮ったものだと感心させられた。
鑑賞後にフィクションの部分も当然あるのだろうと思ったけど、
でも、そんなこと気にならないくらい真に迫っていたし、ドラマティックでもあった。
絶対に経験することのないことを疑似体験できることは、
映画はいいものだと改めて思う。



最後に、隣の席の人に…
「噛む音がしないように神経を使ってまで、映画館でものを食べなきゃダメ?」

スポンサーサイト



Posted by KOBIA
comment:0   trackback:0
[にわか映画ファン

thema:見た映画 - genre:映画


| HOME |