fc2ブログ
オリジナル・ラグマットの実験室?の公開日誌…というこじつけ。
「プレシャス」
昨晩レイトショウ。
重たいテーマではあるけど、何処か希望を感じられて、
予想以上に暗ーい気分にさせられなかったところが良かった。
(ただ現実は相当過酷だったのだけど)

父親の子供を宿すところが、最後まで信じられなかった。
よく日本のニュースやドラマ(あまり覧ないけど)とかで虐待を受けた場合、
父親と言っても血が繋がっていなかったりするから…。
どんな過酷なときでも、夢に逃げることが出来れば、希望を忘れないでいられる気がする。
いまの日本で、見方を変えれば充分幸せなのに、自分を追い詰めないで欲しい。
想像力あるいは空想力を持っていれば何とかなるかもと、
そんなことを考えさせられる映画だった。

話は映画と離れる…。
半月ほど前の昼過ぎ、とあるハンバーグレストランチェーンで、
母親らしき女性に叱られている小学生の女の子を見た。
何があったのかしれないけど、泣いている少女に対し、ヒステリックに叱り続け、
あろうことか、奥の席にあった料理を通路側に持ってきて、立たせたまま食事をさせた。
向かいに座っている父親らしき男は、両手を後頭部にあてたまま、何も言わずに聞いている。
非常に不愉快な昼食だった!
「大きくなったら、仕返ししてやれ!」と心の中で少女に言った。
立たせて食事させる、という仕返しを。 …その時思ったのはそう言う意味ではなかったけど。

映画もそうだったけど、その母親も愛に飢えているのかね…。

いつものことだけど、何だか字幕がよく理解できないところがあった。
やはり速読の訓練するしかないか? 
『マイレージ、マイライフ』は映画のテーマが全然違うけど、
軽快な会話が心地よかったのだけど…。

助演女優賞はさすがでした。
スポンサーサイト



Posted by KOBIA
comment:0   trackback:0
[にわか映画ファン

thema:見た映画 - genre:映画


comment
comment posting














 

trackback URL
http://ruglablog.blog93.fc2.com/tb.php/213-e0ac9f00
trackback