fc2ブログ
オリジナル・ラグマットの実験室?の公開日誌…というこじつけ。
「マチェーテ」
「映画は、はらはらドキドキがなければ面白くない」と言う、
映画好きの友人(Brilliant Masaという人)から勧められて観に行った。

その友人の好みどおり、
冒頭から「はらはらドキドキ」の連続で、
先が読めないバイオレンス映画だった。
そこそこ楽しめたと思う。

数年前に上映された『グラインドハウス』の偽予告編だったのが、本当に映画になったとか。
『グラインドハウス』はタランティーノ監督が一部監督もしていたので観たいと思っていた。
ただ、当時はいまほど頻繁に映画を観ていなかったので、いつのまにか忘れてしまった。

タランティーノ監督の『キル・ビルVol.1』を観て、
『キル・ビルVol.2』も観たいと思ったけど、
『マチェーテ』の次回作が上映されたとして、観るかどうかは微妙。
そこがB級とそうでない映画の違いなのか、
その違いはうまく説明できないし、考えるのはちょっと面倒。

スポンサーサイト



Posted by KOBIA
comment:0   trackback:0
[にわか映画ファン

thema:見た映画 - genre:映画


comment
comment posting














 

trackback URL
http://ruglablog.blog93.fc2.com/tb.php/310-53470612
trackback